いきあたりばったり

博多弁とオーディオネタ

2013年11月9日

FLAC再生時、WAV再生時の負荷の違い

オーディオ, by take.akiyama.

FALCとWAVの再生時、負荷の違いを調べてみました。

使用環境はいつものVortexBoxです。
mpdのバージョンは、0.17.4。
マザーボードはASUS E45M1-Iで、CPUはAMDのE-450です。
USB DACは、TEAC UD-501です。
CPU負荷は、topコマンドで確認しました。

試した曲は、EaglesのHotel California。196KHz、24bitのデータです。
オリジナルのFLACは購入したデータです。
これを、まず、WAVにコンバートしました。さらに、そのWAVをFLACにコンバートしました。
FLACの圧縮レートは、XLDの設定値で標準と無圧縮の中間です。
ファイルサイズは、WAV形式が450.3MB、FALC形式が256.6MBです。

FLAC再生時のmpdのCPU負荷は4〜6%、WAV再生時のそれは2〜3%でした。
mpdのCPU使用率はWAVのほうが小さいですが、ディスクI/OはWAVのほうが大きいはずです。
(mrtgかmuninで測定した方が良いですね)

上記システムとは別に、いろいろ突っ込んだUbuntuがありますので、そちらでも確認してみました。
PCはPRIMERGY TX100 S3です。CPUはPentium G640。
OSはUbuntu 12.04。mpdのほかに、apache、MySQL、Netatalk、Samba、bindなどが動いています。
mpdのバージョンは、0.17.6です。
こちらでは、FLACもWAVもほぼ同じで、11〜12%でした。E450って、そんなに性能が良かったんでしょうか?

ちなみに、糞耳の僕には、WAVとFLACの音質の違いはわかりませんでした。

Back Top

Responses to “FLAC再生時、WAV再生時の負荷の違い”

  1. Ubuntuのほうですが、UD-501だけでなく、R-K731にも出力する状態だったので、48kHzへリサンプルする処理も走っていたと思われます。
    よって、上記負荷は、リサンプル込みの負荷なので、正しい値ではないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です