いきあたりばったり

博多弁とオーディオネタ

2013年1月11日

VortexBoxとONKYO SE-90PCI

オーディオ, by take.akiyama.

某所にお貸ししていたVortexBox機が戻ってきました。
ちょっとした不具合があったためなのですが…。

その時に貸出先の方から、ONKYO SE-90PCIのS/PDIF出力が44.1KHz固定になっているようだとの指摘を受けました。

実際に試してみると、音源のサンプリングレートにかかわらず、44.1KHzで出力されます。
alsamixerの画面を眺めつつ、あれこれ試してみた結果、Multi Track Rate LockingとMulti Track Rate Resetをオフにしないとダメなことがわかりました。
このパラメーターが何のためのものかは、ようわかりません(笑)

Multi Track Internal Clockというパラメーターがあって、ここでサンプリング周波数を指定するようになっています。
Multi Track Rate Lockingがオンの状態だと、再生する楽曲のサンプリング周波数にかかわらず、Multi Track Internal Clockで指定したサンプリング周波数で出力されます。
が、Multi Track Rate Lockingをオフにすると、楽曲のサンプリング周波数で出力されるようになります。
おそらく、Multi Track Rate Lockingをオフにするということは、Multi Track Internal Clockの設定をスルーするということなのでしょう。

とりあえず、上記設定をして、先日のLINNからのクリスマスプレゼントを再生させてみたところ、それぞれ、音源のサンプリングレートのままに出力されることを確認できました。

Back Top

Comments are closed.