いきあたりばったり

博多弁とオーディオネタ

2015年2月21日

ShairportをUbuntu 14.04で動かす

オーディオ, by take.akiyama.

以下備忘録代わりです。

他のサイトにあるように、gitでソースコードを取得する。

git clone https://github.com/abrasive/shairport.git shairport

記憶が曖昧だけど、
libao-dev
libssl-dev
あたりが必要だったと思います。
あと、avahiもインストールしておきます。

あとは、いつも通り、

./configure
make
sudo make install

ビルド後、ソースコードディレクトリのscripts/debianのなかにあるファイルを、/etc内のそれぞれのディレクトリにコピーします。

sudo service shairport start

を実行すれば、shairportは起動するんですが…僕の環境では動かなかった。
おそらく、デフォルトのサウンドデバイスがHDMIになっているからではなかろうか?
hw:0がhdmi、hw:1がCMI8768(確か玄人志向のサウンドカード)、hw:2移行はUSB-DAC。
ここでは、CMI8768を使いたいので、
/etc/default/shairport
のOUTPUT_OPTSを編集する。

OUTPUT_OPTS=”-d hw:1,2″

それから、alsamixerで、サウンドカードの設定も変更しておく。
いくつものS/PDIF XXがあるが、全てオフにして、S/PDIF Outputのみオンにしておく。

これで、iTunesから選べるようになりました。

shairport

Back Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です